明日は【石田千さんと柳家小春さん】が日田市に!

LIVE
本日は別府市。明日は日田市で「石田千 朗読会・柳家小春 演奏会」が

開催されます!石田千さんはこの為に書き下ろした小説の朗読。そして

柳家小春さんは日田の民謡コツコツ節を演奏!なかなかない機会ですので

皆様、是非お誘いあわせの上、お越し下さい(*^-^*)

こたろ

〇石田千朗読会
・別府のための書きおろし小説「べっぴんさん」
  (男)佐藤正敏・(女)時枝霙
・日田のための書きおろし小説「日なたのふたり」
  朗読(男)田中昇吾・(女)町谷理恵
 〇柳家小春演奏会
・日田コツコツ節
・江戸粋曲

 【別府市】
 日時:平成26年7月18日(金)開場18:00・開演19:00
場所:山田別荘
 料金:3,500円(飲物付)
 【日田市】
 日時:平成26年7月19日(土)開場17:00・開演18:00
場所:寶屋
 料金:2,500円(飲物付)
主催:ヤブクグリ 日田新民謡研究会

 〇柳家小春
1991 年、名人といわれた「粋曲」の柳家紫朝に入門、三味線、端唄俗曲、新内を修業。寄席出演を経て現在は伝統の枠に留まらずライブハウスやカフェ、クラブイベ ント、また海外など、いろいろな場所に自ら出向き、江戸音曲の粋な世界を師匠に仕込まれた芸でしっかりと伝える。その一方で、現代の音楽家やダンスなどさ まざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションをおこない実験的な試みを重ね日本の伝統と現代が交錯する新しい音楽世界を生みだしている。共演者の 数はすでに百を超える。最近では月琴の弾語りや民謡にも幅をひろげその芸は留まるところを知らない。

〇石田千
 日本のエッセイスト、小説家。福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。
 大 学在学中から16年間に渡って、嵐山光三郎の助手を務める。2001年、『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。2011年、『あめりかむら』 で第145回芥川賞候補。2012年、『きなりの雲』で第146回芥川賞候補、第34回野間文芸新人賞候補。古風な下町感覚のエッセイを書く。踏切への造 詣が深く、各地の踏切を見聞している。踏切に関する著書もある。ただし、鉄道ファンではないと明言している

【予約・お問合せ】寶屋(日田市) tel.0973-24-4366
         山田別荘(別府市) tel.0977-24-2121
■「fb」ヤブククリのfbページ

■「PC」寶屋の情報

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 日田情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村