元祖日田名物「たか菜巻」♪

元祖日田名物「たか菜巻」by彌助すし。

元祖日田名物「たか菜巻」by彌助すし。

「たか菜巻」のメイン食材の高菜は、福岡県瀬高地方が有名ですが、九州では、

一般的な漬け物の材料です。開発当時、高菜で巻いた巻寿しはなかったのですが、

ご飯を高菜漬けでくるんだおむすびは、一般家庭で食べられていました。

「たか菜巻」が、産声を上げたのは、昭和40年頃。

たか菜巻は、巻寿しの海苔にかえて、たか菜漬けを使います。

この「たか菜巻」を考案したのが、大分県日田市内の「彌助すし本店」先代の

三隅一郎氏で、「福岡県久留米市のすし屋で巻寿しの具に高菜を入れたものを見て、

思いついた。」と言われています。

その後、長男の三隅清作氏と一緒に作り上げました。

開発当初は、細巻きで、納豆、こんにゃく、梅肉が具でしたが、その後、山芋、納豆、

ねぎを入れた太巻になる。これが今現在の「たか菜巻」です。

僕の大好きなたか菜巻、皆さんも是非♪

kuro

彌助すし本庄町店の情報はココをクリック