咸宜園の学習メニュー

研修室には、こんなにたくさんのメニューが

研修室には、こんなにたくさんのメニューが

こんにちは。本日も当ブログへようこそ!ところで皆さん

咸宜園教育研究センターに、体験型の学習メニューがある

のを知っていますか? ここはセンター奥の「研修室」。

ここには、こんなに多くの体験学習メニューがあるのです!

今回は、その中の一つをご紹介。「万善簿をつけてみよう」

これは廣瀬淡窓が毎日、自分の行いの善悪を〇(善)か●(悪)

でつけた日記です。これが実際にできるというもの。

しかし善悪を決めるうえでは、人それぞれの価値観が微妙に

違いますよね。では、淡窓先生の実際の例を見てみましょう。

 

IMG_2135

どちらも、上級です

一枚目「しおひがりをしてとった貝を煮て食べた。」

これは、●(悪)です。当時先生は、絶対に殺生をしないと

心に誓っていたからです。

では二枚目「転校した友達から手紙がとどいたが、なかな

か返事が書けないでいる。」 ・・・これも●(悪)です。

「返事を書かないこと」を、淡窓先生は戒めたようなんです。

いかがでしたか?この二枚の例だけでも、楽しく体験学習が

出来ましたよね! 皆さん、メニューは他にもいっぱい!

直接行って、楽しんで学習されてみて下さいね。

カツミ

■咸宜園教育研究センターについての情報はこちら!!