鮎魚醤。それはうま味の結晶!

琥珀色の鮎魚醤。

琥珀色の鮎魚醤。

こんにちは。カツミです。

鮎魚醤って、知っていますか?こちらは、日田駅

から隈方面に向かう途中にある、日田の食卓の顔

である「原次郎座衛門味噌醤油蔵」メイドの商品。

鮎魚醤は、鮎と塩のみを原材料に作る、いわば、

「うま味の結晶」で、いろんな料理に使える逸品。

通常の魚醤は、独特の臭みがあると知られてますが

当味噌醤油蔵の鮎魚醤は臭みなし(; ・`д・´)

素材の味を活かすことが出来るので、私は、今脚光

を浴びる「スローフード」の考えにもぴったり合う

と思います。噂によればスローフードが台頭にある

欧州の料理店が、この鮎魚醤に興味を持っている

そうです。すごいですよね。

私も、これを使って・・・例えば!!!

生食用のしいたけ、私が頂いたのは、小さめです。

写真はキムラきのこ園さんの原木しいたけ。

写真はキムラきのこ園さんのしいたけですが、

実際に、しいたけとの相性は抜群ですよ!私、家で

しいたけを6つくらい食べてしまいました。

皆さんも、キッチンにいかがですか? 料理の幅が

広がるかもしれません。

カツミ

■原次郎座衛門味噌醤油蔵についてはコチラをクリック!