町のこれから。

ディスカッションの様子。

ディスカッションの様子。

こんばんは。カツミです。本日も長くなります。

毎月一度行われている「おおいたツーリズム大学」

本日も講座が行われ、それに参加して参りました。

場所は豊後高田市の昭和の町。前々回の講座で一度

フィールドワークを行った場所でもあり、今回は、

この昭和の町の今後の方向性について、各班に分かれ

ディスカッションを行い、プレゼンという流れでした。

町の方向性と一口に言えど、様々です。

以前と同様、「観光商店街」としてブラッシュアップ

を図るか、「地元の商店街」として地域に愛される町

を模索していくのか。私は後者が1番、前者が2番だと

考えます。豊後高田市は長い年月を重ねて素晴らしい

町のシンボルを築き上げました。しかし、これをいかに

次世代へ橋渡しするのかまでが、町の財産となるか否か

の舵取りとなります。一に生活、二に観光であり、その

逆はありえないからです。

今回も、自分自身、非常に勉強になりました。

これをできれば、日田市を叩き台として議論できれば

いいなあ、とも思いました。

カツミ

■日田食べ歩記も毎日更新中!!コチラをクリック!!