晴れた休日。映画はいかがですか

おいでひたマガジン春号

おいでひたマガジン春号

こんにちは。カツミです。

寒さも本番になってきました今日この頃。皆様、

いかがお過ごしでしょうか?…本日は土曜日。

日田で「映画」はいかがですか?先日リリースしました、

おいでひたマガジン春号での「地元人へのインタビュー」

で「町の映画館シネマテーク・リベルテ」をご紹介させて

頂いています。映画はもちろん、展示や物販、カフェもあり

単なる映画館とは違う、「映画を観る体験」ができます。

自分が映画を観たという経験のそばに、絶対誰かがいて、

感動を共有することのできる空間は、リベルテ以外にない

と思っています。

ある有名写真家を追ったドキュメンタリー映画です。

ある有名写真家を追ったドキュメンタリー映画です。

私は先日、「セバスチャンサルガド_地球へのラブレター」

という、ある有名写真家のドキュメンタリーを観ました。

内容を喋ると長くなるので割愛しますが、私の感じた感動

を、オーナーの原さんはじめ、色んな方と共有することが

できました。この映画体験が後に行動になるかもしれないし

劇場で映画を観るって、本当に素敵な体験だなと思える場所

です。皆さん、休日はゆっくり、映画館に行きませんか?

現在、「先生と迷い猫」「ボクは坊さん。」「クーキー」

の三本立て。全て魅力的な映画ですよ!

また、展示スペースでは何やら面白い展示も行われているとか…?

カツミ

■シネマテーク・リベルテについてはコチラ!

■おいでひたマガジン春号のウェブブックはコチラ!