生誕130年 バーナード・リーチと小鹿田焼展。

世界的な陶芸家、「バーナード・リーチ」の

生誕130年を記念して、「生誕130年記念 バーナード・リーチと小鹿田焼展」

が日田市豆田町にある「天領日田資料館」で開催されます。

また、小鹿田焼の里にある「小鹿田焼陶芸館」で展示されている

作品は「豆田まちづくり歴史交流館」で展示されるそうです。

【生誕130年 バーナード・リーチと小鹿田焼展】
期間:H29年9月26日(火)~10月18日(水)
会場:天領日田資料館(日田市豆田町11-7)
時間:9:00~17:00
料金:310円
休み:開催期間中はなし
※9月20日~9月25日及び10月19日~9月22日は展示準備・撤去作業の為休館となります。
内容:バーナード・リーチの作品展示 (陶器作品・絵画作品等80点程度)
主催:日田市・日田市教育委員会・小鹿田焼民藝協会
共催:(一社)日田市観光協会
企画監修:公益財団法人 日本民藝館
協力:日本民藝協会

■その他の関連イベント
【オープニングセレモニー】
開催日:H29年9月26日(火)
会場:天領日田資料館
時間:12:30~
内容:主催者挨拶・来賓挨拶・日本民藝館コメント・テープカット

【フォーラム】
開催日:H29年9月26日(火)
会場:パトリア日田大ホール 
入場料:無料
・基調講演(18:00~19:00)
講師:土井善晴氏(料理研究家)
演題:「一汁一菜でよいという提案)
・パネルディスカション(19:15~20:45)
■パネリスト
・濱田琢司氏(南山大学人文学部日本文化学科教授 陶芸家 濱田庄司の孫)
・石井頼子氏(棟方志功研究・学芸員。版画家 棟方志功の孫)
・鷺 珠江氏(河井寛治郎記念館学芸員 陶芸家 河井寛治郎の孫)
■コーディネーター:杉山享司氏(日本民藝館学芸部長)
■ゲストコメンテーター:土井善晴氏 
テーマ:「あたりませの大切さ」

バーナード・リーチ(1887-1979年)20世紀英国を代表する工芸家。

 香港で生まれ、3歳までの期間を日本で過ごしたリーチは、10歳で母国の英国に戻ると美術学校で絵画を学びながら、小泉八雲やホイッスラーなどの影響を受けて日本への関心を抱き、多感な成長期を過ごしました。念願の再来日は22歳(1909年)の時。幸運にも、雑誌『白樺』の同人を始めとする、当時の芸術家や文化人の知遇を得ます。なかでも白樺派の中心メンバーであった柳宗悦(やなぎむねよし)(1889-1961/日本民藝館創設者)との出会いは、その後のリーチの創作活動や思索に大きな影響をもたらしました。柳も、リーチが唱える美の問題、実制作の課題から大きな示唆を得ます。その後、リーチは柳たちが提唱する民藝運動にも深く関わることとなり、2人は生涯の友として互いを尊敬し合い、友情を育んでいきました。やがて陶芸の路を志したリーチは1911年、六代尾形乾山から作陶を学び、1920年には濱田庄司(1894-1978)を伴って帰英。セント・アイヴスに自身の窯を築き、創作を開始します。

 リーチは英国人である自分と東アジア、とりわけ日本とのつながりのなかで、自作の理念を「東と西との結婚」と定めます。その理念を実践するかのように、リーチは幼少期を合わせると15回にも及ぶ日英の往来のなかで、英国内はもちろん、日本各地の窯場でも盛んに創作を行い、その土地の材料や手法を活かした作品の制作に取り組みました。「美の求道者」とも言えるリーチの姿は、現場の制作者たち、民藝運動の担い手たちに大きな影響を与えました。

■小鹿田焼の情報はココをクリック