いよいよ明日からです。バーナード・リーチと小鹿田焼展!


いよいよ明日から生誕130年「バーナード・リーチと小鹿田焼展」が

始まります。20世紀の英国を代表する工芸家の

バーナード・リーチは昭和29年に初めて日田市の小鹿田焼の里を

訪れ、3週間ほど滞在し、10年後に再び訪れ、里や技術・伝統の心が

変わらず守られている事を喜んだそうです。

バーナード・リーチがこの小鹿田焼を称賛した事も

小鹿田焼の名が全国に広まる大きなきっかけのひとつとなっています。

バーナード・リーチ展では、リーチの作品約80点が展示されるほか

明日は記念フォーラムも予定されておりますので、是非!

こたろ

生誕130年 バーナード・リーチと小鹿田焼展
期間:H29年9月26日(火)~10月18日(水)
会場:天領日田資料館(日田市豆田町11-7)
時間:9:00~17:00
料金:310円
休み:開催期間中はなし
※9月20日~9月25日及び10月19日~10月22日は展示準備・撤去作業の為休館となります。
内容:バーナード・リーチの作品展示 (陶器作品・絵画作品等80点程度)
主催:日田市・日田市教育委員会・小鹿田焼民藝協会
共催:(一社)日田市観光協会
企画監修:公益財団法人 日本民藝館
協力:日本民藝協会

■その他の関連イベント
【オープニングセレモニー】
開催日:H29年9月26日(火)
会場:天領日田資料館
時間:12:30~
内容:主催者挨拶・来賓挨拶・日本民藝館コメント・テープカット

【フォーラム】
開催日:H29年9月26日(火)
会場:パトリア日田大ホール 
入場料:無料
・基調講演(18:00~19:00)
講師:土井善晴氏(料理研究家)
演題:「一汁一菜でよいという提案)
・パネルディスカション(19:15~20:45)
■パネリスト
・濱田琢司氏(南山大学人文学部日本文化学科教授 陶芸家 濱田庄司の孫)
・石井頼子氏(棟方志功研究・学芸員。版画家 棟方志功の孫)
・鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館学芸員 陶芸家 河井寛次郎の孫)
■コーディネーター:杉山享司氏(日本民藝館学芸部長)

■生誕130年 バーナード・リーチと小鹿田焼展の情報はココをクリック