おひなまつり前の『草野本家』に潜入!

こんにちは。春の陽気にちょっぴりウキウキのすーです(‘ω’)

明日から始まる『天領日田おひなまつり』に向けて、日田の町は動いております。

今日は国指定重要文化財である『草野本家』さんへお伺いさせていただきました。

実は天領日田おひなまつりの始まりは、昭和59年に草野本家さんが町おこしの

一環としておひな様を展示公開したのが始まりなんです。

写真は新座敷に飾られている ひな人形の一部。

新座敷には、全部で148体ものひな人形が飾られてるのだそうです!

生で見るととても煌びやかで、あまりにも素敵なので、しばらく眺めていました。

また、写真一番上白木作りの「御殿飾り」は、江戸時代に京都の職人さんが作った世界に

一つしかないものなんだそう。これは見ておかなきゃですよね!

そして、隠居に飾られた市松人形も特別に見せていただきました!

代々受け継がれてきた市松人形。こちらも必見です。

春の訪れと共にやってくる『天領日田おひなまつり』。

ぜひ遊びにきてください^^

すー

草野本家の情報はココをクリック

第35回『天領日田おひなまつり』の情報はココをクリック

【第35回 天領日田おひなまつりのパンフレットダウンロード】
■おひなまつりマップのダウンロードはココをクリック
■同時期の開催イベントのダウンロードはココをクリック
■期間中の関連イベントはココをクリック
■ひな人形展示施設の情報はココをクリック