淡窓先生に想いを馳せて。。。


今日も32℃を超え、ますます夏を感じる日田となりました。

そんな季節にこちらの【遠思楼】を訪ねてみませんか☆ 

広瀬淡窓が開いた江戸時代最大の私塾「咸宜園」の跡地にある建物です。

階下は書庫、階上では読書や思索をしていたそうです。

淡窓先生はこの楼を好んで使い、眺望の良い階上にて門弟や知人たちと詩会を催し

月などをめでて小宴や談話を楽しんでいました。


広い方の部屋は窓が3方向に開けられる作りとなっていて、眺めも風も気持ちいいんです♪ 

この景色を眺め、淡窓先生は詩を作ったんですね。

心地よい咸宜園【遠思楼】にて、当時の日田の様子に想いを馳せてみてはいかがですか(*・v・)

はるぴ

■【PC】咸宜園の情報はコチラ→

■【モバイル】咸宜園の情報はコチラ→

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 日田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村