秋のおススメ紅葉スポット情報 2018

日田秋巡りへのお誘い。素敵な紅葉スポットが沢山!

日田は歴史の趣を色濃く残す町として多くの方に知られている一方で、手つかずの大自然をも懐に抱える地域でもあります。特に紅葉のシーズンにはおススメスポットが沢山。

ここでは、観光協会がおすすめする、紅葉スポットを一気にご紹介します!

いいちこ日田蒸留所

【いいちこ日田蒸留所】
本格焼酎の製造から貯蔵までをご覧頂くことができます。所内の自然の中を散策したり
試飲ショップでテイスティングをお楽しみいただけます。
紅葉の季節になると、所内の至る所で見ることができます。11月には「原酒の杜 紅葉祭」も開催される予定です。

例年の見頃:10月下旬~11月中旬
住  所:大分県日田市西有田810-1
電話番号:0973-25-5600
営業時間:10:00~16:00
定  休  日:火曜日(祝日の場合は営業)

■いいちこ日田蒸留所の情報はコチラをクリック!

響渓谷

響渓谷

【響渓谷】
大山町にあります、切り立った岩が壮観な響渓谷。秋になるとその岸壁を見事に紅葉が彩ります。特に「ひびきの郷」からの景観の素晴らしさは、知る人ぞ知るスポットとして有名です。ひびきの郷園内の「梅の香温泉 なごりの湯」のから眺める「ひびき渓谷」の紅葉は絶景!

【「奥日田温泉 うめひびき」から眺めるのがおススメ!】
例年の見頃:10月下旬~11月上旬
住  所:大分県日田市大山町西大山4587
電話番号:0973-52-3000
営業時間:10:00~22:00
定  休  日:不定休

■響渓谷についてはコチラをクリック!
■ひびきの郷についてはコチラをクリック!

行徳家住宅

行徳家住宅

【行徳家住宅(国指定重要文化財)】
また、筑後川下流域の日田市夜明関町には、行徳(ぎょうとく)家住宅(国指定重要文化財)の木々の葉が美しく色づきます。庭には落葉したモミジなどの葉がびっしり。赤茶色の絨毯(じゅうたん)を敷いたようになっており、それを踏みしめながら、晩秋の風情を満喫することができます!

行徳家住宅は、江戸時代の1842(天保13)年に建てられ、久留米藩の御典医を経て現在まで代々続く医者の旧家です。一部2階建てで、曲屋(まがりや)形式の屋根と広い土間を持つ、意匠を凝らした貴重で美しい建築として国指定重要文化財に登録されています。

【行徳家住宅】 例年の見頃:11月下旬
住  所:日田市夜明関町3256
電話番号:0973-27-2177
営業時間:9:30~16:30
入園料金:無料(建物内部の見学を希望される場合はご連絡ください)
定  休  日:月曜日・金曜日・年末年始・お盆

■行徳家住宅についてはこちらをクリック!

 

伝来寺庭園の紅葉風景

伝来寺庭園

【県指定名勝 伝来寺庭園】
伝来寺庭園は、鎌倉時代に作られたと言われる九州最古の庭園です。表の門をくぐった参道両側に広がるのは、500平方mの枯山水的庭園と本堂西背面の池庭。「枯山水」とは水のない庭のことで、池や川などを水を使わずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園の様式を指します。
この庭園はその自然との調和から、秋には紅葉・冬には雪景色と、四季ごとの趣があります。特に紅葉シーズンになると、庭園と紅葉の調和が美しく、まさに日本式の景観を楽しむにはもってこいのスポット。

【伝来寺庭園】例年の見頃:11月上旬~中旬
住  所:大分県日田市中津江村栃野1263
電話番号:0973-54-3537
営業時間:9:00~17:00
入 園 料:大人150円・中高生100円
定  休  日:年末年始

■伝来寺庭園についてはコチラをクリック!

 

咸宜園<秋風庵>

【咸宜園】
咸宜園は、江戸時代後期に生まれた儒学者・廣瀬淡窓が豊後・日田に開いた日本最大規模の私塾(学校)です。「咸く宜し」(ことごとくよろし)とは、すべてのことがよろしいという意味で、淡窓は門下生一人ひとりの意思や個性を尊重する教育理念を塾名に込めています。そんな咸宜園は、例年紅葉巡りで来る方も多数います。

例年の見頃:11月上旬~中旬
住  所:大分県日田市淡窓2-2-13
電話番号:0973-22-0268
営業時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
入 園 料:無料
定  休  日:12月29日~1月3日

■咸宜園の情報はコチラをクリック!

■咸宜園教育研究センターの情報はコチラをクリック!

 

地底博物館鯛生金山

地底博物館鯛生金山

【地底博物館 鯛生金山】
中津江の奥にそびえる東洋一の黄金郷「鯛生金山」。ここは、魅惑の坑内見学や、ゴールドハンティングなど、大人から子どもまで、だれもが夢中になってしまうスポットとして有名ですが、秋になると紅葉の楽しめる魅力的なスポットとしても知られています。

例年の見頃:11月上旬~下旬
住  所:日田市中津江村合瀬3750
電話番号:0973-56-5316
営業時間:9:00~17:00
定  休  日:元日
■地底博物館鯛生金山についてはコチラをクリック!

松原ダム遊覧船観光

松原ダム遊覧船観光

【松原ダム遊覧船観光】
山中にこれだけの圧倒的な水量があるのは珍しいとも言われる、日田の名所「松原ダム」で、人込みもない静かな紅葉を体感できる遊覧船をご用意。船上からでしか見えない紅葉風景など、より深い日田の秋を楽しむことができる人気のクルージングです。


出発期間:11月~5月初旬(予定)
発着場所:阿蘇郡小国町下城(日田市側から見て、杖立トンネル入り口を左に下る)
目安出発時間:10:00 / 12:00 / 14:00 (1日3回運行)
乗船時間:約1時間
運行ルート:杖立発着場⇔岩戸公園下⇔宮山⇔貫見大橋⇔下筌ダム
乗船料金:大人1,700円/小学生800円(未就学児は無料)
※乗船されるお客様には必ずご予約を頂いております。
※詳細な乗船場所・日程・時間等に関してはお問合せ下さい。
予約・問合せ:0973-52-3110(おすそわけ野菜のレストラン松原)
      080-6409-8718(松原ダム遊覧観光)
定員:20名 最少催行人数:5名
松原ダム遊覧船観光についてはコチラをクリック!

上津江フィッシングパーク

上津江フィッシングパーク

【上津江フィッシングパーク】
体験型アウトドアパークとして年中多くの人たちが、自然を満喫しに足を運ぶ「上津江フィッシングパーク」。施設周辺では、秋になると紅葉の名所に姿を変え、普段とは違った表情を見せます。園内全域にあるモミジはもちろん、全長2000mの散歩道をもつケヤキ原生林や、水力発電所跡もある「砂防の滝」など、様々な場所から異なる秋の景色を楽しむことができる、知る人ぞ知る紅葉の名所です!

例年の見頃:10月下旬~11月中旬
住  所:日田市上津江川原1656-92
電話番号:0973-55-2003
入園料金:100円(小学生以上)
営業時間:8:30~17:30(10月~3月は17:00迄)
定  休  日:水曜日(7・8月の夏休み期間は無休)・年末年始

■上津江フィッシングパークについてはこちらをクリック!