【シリーズ】日田市の日本遺産④ -長福寺本堂-

随分久しぶりの投稿となってしまいました、シリーズ『日田市の日本遺産』。

第4回目は『近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-』として咸宜園を取り巻く

構成文化財の内のひとつ『長福寺本堂』についてご紹介させていただきます。

長福寺は豆田町にあるお寺で、本堂は寛文9年(1669年)の建設。

現存する九州最古の真宗寺院建築です。

当時、出身僧侶が京都の高倉学寮の講師となるなど、日田における学問の中心でした。

幼少期の淡窓はこの寺の僧侶に学問を学びました。

そして24歳のとき最初に開塾したのが長福寺本堂と同じ敷地内にある

「長福寺学寮」でした。そのときの生徒数はわずか2人。

淡窓と寝食を共にしていたそうで、咸宜園の前身となった塾と言えるでしょう。

廣瀬淡窓が教育者としてスタートした場所『長福寺』。

日本遺産である『咸宜園』の構成文化財(淡窓ゆかりの地)を観ながらの散策も、

日田ならではの旅の醍醐味かもしれません('ω')

すー

■長福寺の情報はココをクリック

■【シリーズ】日田市の日本遺産①

■【シリーズ】日田市の日本遺産② -咸宜園跡‐

■【シリーズ】日田市の日本遺産③ -廣瀬淡窓旧宅及び墓‐

■<ガイド付>廣瀬淡窓ゆかりの地を訪ねる散策コースはコチラ