諌山創さんのパトリ(愛郷心)に感謝!




講談社発行の別冊少年マガジンで連載され、世界的に多くの

ファンがいる「進撃の巨人(Attack on Titan)」の作者「諌山創」

さんは、日田市大山町出身。

7月5日に発生した「北部九州豪雨」の被害を受けた故郷に、

応援の手を差し伸べたいと、この度、同誌の100回記念号で募集

・抽選の上、諌山さんのご負担でペア10組への日田市内宿泊券の

提供と、30名を対象にしたサイン会を3月3日(土)に行う

というものの、ダブルプレゼント企画が行われました。

当会も、ご本人の想いを受けて、微力ながらご協力させていただき

ましたので、いわゆる「記者会見」の場にも立ち会うことが出来ました。

諌山さんは、日田林工高校のご出身ということもあり、メディアや

親族・知人から伝えられる、災害時の「花月川」の光景は、毎日通学の

為に通っていた様子とは全く違うことなどに触れ、深く心を痛められた

とのことでした。

災害の直後から「何かしたい!」という想いを強く持たれていたそうで、

「天領日田おひなまつり」と「日田おおやま梅まつり」に彩られた

この時期に、ファンの方々に日田を楽しんでいただいたり、賑わいの

創出になることを通して、地元の元気につながればと、この企画を実施

されました。

記者会見では、故郷に対するあつい思いや、作品の題材を考えるに

少なからず故郷の影響があることなどが語られました。

本当に、我々としては力強い言葉で、とても感謝ですね。

何かの本で読んだ下りを思い出したのですが、「漫画家さんという

職業は、ヒットするのも大変だが、ヒットし続けるは更に相当ハードだ」

そうで・・・

想像だにできない世界ですが、浅はかな私の感性でも少し思えば、そんな

タフな環境にあっても、故郷に心を砕き、今回のこの取り組みまで達する

諌山さんに感謝の念はさることながら、なにか・・・彼の大切な故郷を

地元でもしっかり支える一員でありたい!いう思いにならずには

いられませんでした。

「天才を生んだ故郷を、更に光らせたい!」と、少し背伸びして・・・・(汗)

しゅう

「進撃の巨人」作品公式サイトは、ココをクリック

大分県日田市の観光情報「おいでひた.com」は、ココをクリック

日田おおやま梅まつりの情報はココをクリック

天領日田おひなまつりの情報はココをクリック