下駄王子!?

今日は、花見をご近所さんと、楽しんできたKUROです。

本日は、日田下駄を製造している、本野はきもの工業をご紹介

します。

日田下駄とは、日田が天領だった天保年間(1830年~

1844年)に代官が殖産興業の手段として下駄づくりを奨励した

ことから発展しました。

当初は桐下駄が生産の中心でしたが、明治・大正の頃には、

日田盆地に産する杉の良質材や松などで生産されるように

なったそうです。

明治40年以降、次第に機械が導入されるようになり、

全国に出荷され、質量ともに静岡、松永(広島県)に並ぶ下駄の

三大産地となりました。

その下駄も生活様式の変化による需要が次第に減少してきて

いますが、日田では昔ながらの下駄はもとより、現代的な感覚の

カラフルな下駄やサンダルなど、豊富なバリエーションの

はきものを生み出し、今も日本有数の「はきものの産地」と

して広く知られています。

最近、本野はきもの工業に、次世代を担う下駄職人がいます。

「下駄王子」と呼ばれ、活躍しています。

色んなメディアにも取り上げられ、今後乞うご期待です。

本野はきもの工業では、日田下駄をこのように製造しています。

まず、日田下駄の土台は、このような形で、製材所から届きます。

その材料を、NCルーターを使用して、形を作っていきます。

これは、近代的な技術です。

その後、焼いたり、色を塗ったり、、、。

写真は、仕上げ段階です。このあと、鼻緒を据えて完了です。

完成写真は、一番最初の写真です。

最近では、このようなスリッパ型の下駄も人気です。

僕も自宅で愛用しています。

家先で履くのには、便利な逸品です。

あっ、下駄王子の写真を忘れていました。

お会いしたい方は、現地に行って下さい。

KURO

本野はきもの工業の情報はココをクリック