銀座で、日田が、大分が、味わえる。



出張で上京して来ました。

東京では、色んな方々とお会いして、色んなお話をさせて頂き、

今後どうなっていくのか楽しみで、ワクワクしているKUROです。

その東京で、日田が、大分が、味わえるお店を紹介します。

その名も、「坐来大分(ざらいおおいた)」。

ここは、銀座2丁目で、JR山手線の有楽町駅(京橋口)より、

徒歩3分のビルの8階にあります。

このフロアには、大分県東京事務所という情報館もあります。



現在のメニューの中で、日田を味わえるお料理は、

「日田稚鮎天」です。

香魚と言われる鮎は、初夏ならではの物で、その鮎を香ばしく

揚げたお料理です。蓼塩と芹のお浸しで、味わえます。

実は、坐来大分の料理長曰く、三隈川を泳ぐ鮎をイメージした

との事です。因みに、料理長は、日田出身です。



これは、前菜ですが、この中にも日田の物が、、、。

「ほるこん白和え」です。

熊谷こんにゃくの「ほるこん」が使われています。



大分県といえば、何と言っても、「豊後牛」です。

これは、「豊後牛煮込み」で豊後大野の新ごぼう、日田市大山町の

クレソンと一緒に煮込んでいます。

ここにも、日田が、、、。



これは、佐賀関、子持ち鯛の木の芽焼です。

挟間の春キャベツ卸し和えと一緒に味わえます。

等々、大分県産の食材にこだわり、旬なものが味わえます。

実は、今回上京して、行ってみたいと考えていたのですが、

満席で予約が取れませんでした。

再チャレンジを目指します。

銀座で、日田が、、、大分が、、、味わえるお店「坐来大分」、

一度お立ち寄りくださいね。

KURO

銀座「坐来大分」の情報はココをクリック

大分県日田市の観光情報はココをクリック