ひたの下駄。

豆田町にある『こもれび工房』の日田下駄

こんにちは。昨晩ムカデと格闘し、ちょっとくたびれているすーです('ω')

移住してきてからずっと感じているのは「日田には特産物がいっぱいあるなぁ」と

いうこと。その中で、ちょっぴり驚いたのは『日田下駄』。

調べてみると、日田の伝統的特産品である日田下駄は、幕府直轄地であった

天保年間(1830~1844)に代官が殖産興業の手段として下駄づくりを

奨励したことから発展したようです。

もともと日田市は杉の産地として知られ、木材関連産業が発展してきたことも

関係しているのだとか。

当初は、桐下駄が生産の中心でしたが、明治・大正の頃には日田盆地にある

杉の良質材や松などで生産されていたそうです。

そして、明治40年以降、次第に機械が導入されるようになり、

日田下駄は全国に出荷され、質量ともに静岡、松永(広島県)に

並ぶ下駄の三大産地となりました。

そして、現代。昔ながらのものを大切にしつつ、カラフルな下駄やサンダルなど、

豊富なバリエーションのはきものを生み出し、日本有数の「はきものの産地」として

知られています。

知れば知るほど、奥深い日田。次は、下駄職人さんにお逢いして、直接お話しを

聞いてみようと思います。

すー

こもれび工房の情報はこちら