「昼の瀬戸内感動クルーズ」続編♪



「昼の瀬戸内感動クルーズ」で、船から眺めた

瀬戸内海の風景がなんかと焼き付いている

KUROです。

西大分港に到着して、次の日は、オプショナルで、

「初夏の九州・小京都【水郷日田】【着物の町杵築】

めぐりの旅」のアテンドをしました。

豆田町では、舞妓さんも一緒に散策を楽しみました。



ご当地コンダクターが説明しながら、約1時間

豆田町のお話、そして咸宜園へ。



咸宜園の秋風庵で、京都の大徳寺大慈院住職の

戸田惺山氏によるお茶席を体験。

その時に使用した器は、小鹿田焼の抹茶碗。

これは、坂本拓磨さんに貸して頂きました。



そして、お茶菓子は、松浦松翁堂さんに

準備して頂きました。

四葩(よひら)。

美しくて美味しかった、、、。



ここでも、舞妓さんがお手伝いして頂きました。

合間には、咸宜園のお話もあり、お客様は、

ここでしかできない、体験をしました。

オプショナルツアーのお客様は、ここから、

サッポロビール九州日田工場へ移動して、昼食、

見学を行い、杵築市へ。



午後からは、地元の皆さんとのお茶会を開いて

くれました。

京都の大徳寺大慈院住職の戸田惺山氏は、

いつもは、この茶室でお茶会をしています。

今回は、天気が良すぎて、室内で行いましたが、

14:30からの最後の部は、この茶室で、

行いました。



とても良いお茶会になりました。

これにて、「昼の瀬戸内感動クルーズ」関連が、

終了しました。

皆さん、ご協力ありがとうございました。

さあ、次は、久大本線復旧、そして日田祇園祭に

向けて、モードチェンジします。

KURO

久大本線復旧「つながるプロジェクト」の情報はココをクリック

「日田祇園祭」の情報はココをクリック