大分県日田市は、ワサビの産地♪



久しぶりに、前津江町に行ってきたKUROです。

今回は、天領「日田ビックワサビ」佐藤農園・林業

代表の佐藤学さんとお話してきました。



前津江町のイメージとしては、急勾配な山の

間に谷がありそこに清流があるという

イメージです。



佐藤学さんは、林業・農業を営んでます。

杉を植えて、間伐して、そのスペースを活用して、

ワサビを栽培しています。

これが、林間ワサビです。

急勾配な山の活用ならではのものです。

その他にも沢わさび、ハウスわさびを栽培してます。

ワサビの品種は、1種類で、違いは、栽培方法です。

因みに、日田市のワサビの生産量は、全国5番目です。

このワサビは、お漬物の原料や練りワサビとして

使用されています。

奥日田エリアの山々が育んだ、清流の水で栽培された

ワサビは、味も香りも最高です。



これは、栽培して6ヵ月が経過した、沢わさびです。



これが、1年栽培したものです。

因みに、このワサビの種、苗木は、すべて、ここで、

つくられるそうです。



春は、ワサビの季節がやってくるという事で、

メディアから取り上げられることも、、、。

その反響で見学に来る方々も、、、。

現在、このワサビは、大分県日田市の「道の駅

水辺の郷おおやま」や「木の花ガルデン」の

直売所で、不定期に手に入れることができます。

日田市ならではの農産品「ワサビ」。

日田市内でも美味しく頂けるように、ちょっと

やってみます。

KURO

道の駅水辺の郷おおやまの情報はココをクリック

木の花ガルデンの情報はココをクリック

天領「日田ビックワサビ」の情報はココをクリック