日田下駄工場へ潜入、、、。



ヤブクグリ」という会に所属しているのですが、

この会に所属して、木に関わることが、多くなり、

楽しくなってきている、KUROです。

先日、日田下駄の工場にお邪魔しました。

写真は、日田下駄になる前の材料です。

この形になる前は、山に植えられている「木」、

そこから、伐採して「丸太」となり、原木市場へ、

そこで、製材所等に買い取られ製材され、

このような形になります。

日田下駄づくりは、ここからスタートです。



この工場の機械は、昔から使用されている

みたいで、大切に大切にリペアーをしながら、

使用されているようです。

この機械が、元木から少し型づくりをします。



その後、段々と下駄っぽくなっていきます。



形ができた、下駄は、このようになります。

これから、塗を重ねたり、焼いたり、、、。

鼻緒を据えて、、、という感じです。

完成までは、これからも、大変な工程です。




電源盤が、とてもかっこよかったので、

一枚写真に収めました。



この日は、うらつか工房にお邪魔しました。

日田杉の室内下駄が有名な工房です。

日田市内の下駄屋さんでは、日田杉を使った

色んな下駄を製造・販売しています。

今後、不定期に、日田下駄屋さんを紹介していきます。

KURO

本野はきもの工業の情報はココをクリック

月隈木履の情報はココをクリック

こもれび工房の情報はココをクリック

うらつか工房の情報はココをクリック