原次郎左衛門五醤蔵の「虹色ラムネ」♪



暑い日が続いてくると、涼しくなるような

ブログを書きたいと思うKUROです。

日田の夏の風物詩と言えば、「鵜飼い」、

「屋形船」、「三隈川の鮎」等々沢山ありますが、

原次郎左衛門五醤蔵の「虹色ラムネ」も

その一つです。




先日、「原次郎左衛門五醤蔵豆田店」にお邪魔

しました。

店舗に入ってすぐ右の冷蔵庫に「ラムネ」を

発見しました。



虹色ラムネは、野菜や花から抽出した天然色素

(赤キャベツ・ベニバナ・クチナシ)を使って

います。

天然色素のため、光にあたると徐々に色が消えて

いきます。

その様子が少しずつ消えていく虹のようなので、

「虹色ラムネ」と名付けられたそうです。



「原次郎左衛門五醤蔵」は、味噌、醤油は、

もちろんの事、パリの三ツ星シェフが認めた、

「鮎魚醤」など、色んなラインナップが、

揃ってます。

こちらも、試食していくと、「なるほど」の

連発です。

新たな発見があるかもですよ。

KURO

原次郎左衛門五醤蔵の情報はココをクリック