ふたたび、三隈川に筏を浮かべます。~その1~



この数日は、「ヤブクグリ」のみんなと

三隈川ではしゃいでいた、KUROです。

「ヤブクグリ」とは、森を愛する仲間が

集い、日田の林業を中心に何か愉快な

ことをやっていく会です。

今回、「ふたたび、三隈川に筏を浮かべ

ます。」の様子を、ブログで紹介します。

今日は、「一号機の筏ができるまで」です。

写真は、九州木材市場より、発注をしていた、

筏の材料である合計約100本丸太が、

三隈川に届けられるところです。

この時点で、迫力満点で、ワクワクします。



この時点で、集まったメンバーは、

共同主催の「日田林家」のメンバーも含め、

約15名程度。

さあ~、始めましょうかね~。



プロデュース係の江副さん、林業係の昇吾君、

営繕係の町谷さん。

この人たちがいないと、筏は、完成しないと

いっても過言ではない。



丸太を、どのように縛っていくかを検討中。

真剣な眼差しが、とてもかっこ良い。



とりあえず、並べてみる、、、。

丸太、美しい、、、。

奥では、丸太をロープでつなぐ作業が、

行われています。



1号機が完成。

着水させるが、重すぎて、動かない。

後方のロープがたるんでいるような、、、。

気のせい!?

現場では、着水させることに必死で、

この現状は、気づいていません。

この後、全員で、何度も、交互に押し合い、

やっと着水。



1号機完成。

さて、2号機は、着水しやすいように、

みんなで知恵をだしあう。

ひとまず、一つ完成。

つづく。

KURO

「ヤブクグリ」の情報はココをクリック

「日田林家」の情報はココをクリック

大分県日田市の観光情報「おいでいた.com」の情報はココをクリック