実りの秋☆おすすめ“体験”特集!

日田には多くの魅力があります。
例えば、江戸の商家が残る町並みを訪ね、日常とは違う雰囲気に身を任せたり、釣り・キャンプ・登山等、未だ手つかずの秘境的な大自然に感嘆したり、数多くある名湯で時間を忘れてみたり・・・

ここでは、実り豊かな秋という季節に楽しめる味覚派の「体験」情報をお届け!
日田の旅がもっと楽しくなる、日田ならではの「体験」を探ってみましょう!

【湯浅農園~梨狩り体験~】
日田の天瀬地区にある湯浅農園での梨狩り体験。
科学肥料はほぼ不使用、土づくりにもこだわりがあり、消費者にとっても安心の農園。
梨は5品種が育ち、10月は「新高」が実ります。たわわになった大きく甘い梨を友人や家族などとワイワイしながら収穫するのは、とても楽しいですよ。

電話:0973-57-3134
住所:日田市天瀬町五馬市1305-2
時間:9:00~17:00
期間:10月末まで
料金:1kg 500円
休み:不定休・お盆・年末年始

■湯浅農園の情報はココをクリック!

【梅酒蔵おおやま~My梅酒づくり体験~】
梅の郷ならではの体験!梅酒づくりに詳しいスタッフが梅酒の作り方を教えます。
地元大山でとれた梅で作る自分だけの梅酒は貴重です。
梅酒はホワイトリカー・清酒・ブランデーの3種類からベースを選び、砂糖・はちみつ・ブルーベリーなどの組合せをお好みで選ぶことができます。
おおやまで収穫された新鮮な梅を使ってつくる自分だけの梅酒は、旅の特別な思い出になるはずです♪

電話:0973-52-3004
住所:日田市大山町西大山4587
時間:9:00~17:00
   <体験>①13:30~ ②14:00~ ※各回定員6名、30分程度
期間:通年
料金:1リットル瓶…2,160円 2リットル瓶…3,780円
   ※事前予約制(前日17:00まで)
休み:不定休・お盆・年末年始
■梅酒蔵おおやまの情報はココをクリック!


【キムラきのこ園 ~原木しいたけ狩りと食べ比べ体験~】

こだわりの原木しいたけを狩り、それを炭火焼であぶり、5つのタレで食べ比べをすることが出来る体験です。この体験、実は驚きは試食にあり!品種にこだわり、国産のクヌギを使用した原木栽培で育ったしいたけは、肉締まりが絶妙で、今までに食べたことがないくらいのプリップリ食感を楽しむことができるんです。

電話:090-2079-1242
住所:日田市天瀬町桜竹1189-12(天瀬温泉CC隣)
期間:9月中旬~翌年7月上旬
時間:10:30~17:00※2日迄の要予約(12月~2月は1週間前迄)
料金:大人1,200円・子ども(小学生以下)600円
休み:不定休
■キムラきのこ園の情報はココをクリック!

【ローズヒルあまがせ 茶房風の丘】
五馬高原の広々とした台地に位置する農業公園「ローズヒルあまがせ」。園内にはバラ園や貸し農園を兼ね備えるほか、地元の食材を使ったレストラン「茶房風の丘」では天瀬の農産物を使った食作り体験ができます。このレストランは天瀬グリーンツーリズム研究会が運営しており、「食」を通じた農業体験で都市-地方間の人々が交わる場所として、農業の楽しさを広く伝えています。
①【柚子胡椒作り体験】

柚子胡椒作り


天瀬の柚子を使って柚子胡椒作りを体験することができます。4時間とたっぷり時間を使いながら、材料の下ごしらえから瓶詰め柚子胡椒を使っての昼食までを丸ごと体験!また、季節によっては材料となる柚子や唐辛子を実際に取りに出かけることも。食べ物を通して暮らしの楽しさを再発見できる、農業公園ならではの体験です。

②【桑の実ジャム作り体験】

ここのオーナー自慢の農体験が「桑の実ジャム作り」です。普段の生活ではあまり耳にしない「桑の実」は、海外ではマルベリーとも呼ばれる甘酸っぱい果実。加工にはもってこいの素材を使って添加物を一切使わない、天然のジャム作りに挑戦することができます。

③【桑の葉茶葉作り体験】
この「桑の葉茶葉作り」は、レストランのお客様に出すお茶をきっかけに、お客様の声から生まれた体験です。その内容も本格的。普段知らない“茶葉が出来るまで”を、最初から「煎り」の作業まで実践することができます。古来からの「葉を煎じて飲む」という文化に直接通ずるこの自家製茶葉作り体験。挑戦してみる価値アリ!?

電話:090-3603-8445 FAX:0973-57-9301
住所:日田市天瀬町2385-3
期間:通年
時間:9:30~16:00※10日前迄の要予約
料金:各体験2,500円(昼食込の4時間程度の体験)
休み:火曜日(祝日の場合は営業)
■ローズヒルあまがせの情報はココをクリック!