歴史ある廣瀬資料館のひな人形を天領日田資料館で。

こんにちは。すーです('ω')

天領日田おひなまつり真っ最中の日田市。

ひな施設が多くある豆田町へ行ってきました♪

本日は、おひな様の展示をしている『天領日田資料館』へ。

ここでは、特別展として『おきあげ雛』の数々を展示。

歌舞伎の躍動感あふれるおきあげ雛は、見ていて今にも動き出しそう。

そして、見どころのうちの一つ、廣瀬資料館所蔵のひな人形たちも見てきました!

廣瀬資料館所蔵『御所人形』

廣瀬資料館は、2018年12月より改装工事のため休館中なのですが、今回は特別に

ひなまつり期間中のみ『天領日田資料館』で、廣瀬資料館所蔵のひな人形を

見ることができます。

上の写真の人形は『御所人形』といって、顔が大きく、体が丸々とした

幼児型のひな人形です。

廣瀬資料館所蔵『古今雛』

この一対の人形は、天保5年に廣瀬久兵衛が、孫であるノブの

初節句のお祝いに贈ったものなんだそう。

やさしいほほ笑みがなんとも幸せな気持ちにさせてくれます。

こちらの人形も『ひな人形』の部類に入るものなんだそうです。

私のひな人形のイメージは、お内裏様とお雛様…といった感じだったので

とても勉強になりました。。

おきあげ雛や廣瀬資料館所蔵のひな人形は、ずっと見ていても飽きることなく

天領日田資料館に入り浸ってしまいました。。

人形を見ながら歴史に想いをはせ、思いっきり楽しんだのでした('ω')ノ

すー

天領日田資料館の情報はこちら!

廣瀬資料館の情報はこちら!

天領日田おひなまつりの情報はこちら!