「赤司日田羊羹本舗」♪



本日は、おんせん県おおいた商談会が、

大阪市で開催され、それに併せて、

大阪市内の営業をしているKUROです。

今回、手土産として持ってきた、

「赤司日田羊羹本舗」の一枚物羊羹です。

最近では、お土産として持っていくと、

とても喜ばれます。

待ってました~。

みたいな感じです。

おそらく、すっきりとした甘さが、

とても心地よい美味しさだと思います。

この一枚物羊羹は、パック包装ではなく、

昔ながらの経木(きょうぎ)と紙を使って

包装していて、日が経つと羊羹の表面が

糖化するするのが、特徴です。

※もちろん、パック商品もあります。

最初は、すぐ味わっていただき、その後、

糖化して味わっていただくと2度美味しい。

という説明をいつもしています。

美味しいから2度目が、待てないんだよね~。

というお声もいただきますが、2回、美味しく頂く

ためには、もう少し努力をお願いします。といつも

言っています。

これは、「天領日田おひなまつり」の会場でもある

古い町並みが残る「豆田町」でしか買えません。

お立寄りの際は、是非♪

売り切れの場合もありますので、早い時間に!!

KURO

「赤司日田羊羹本舗」の情報はココをクリック

「天領日田おひなまつり」の情報はココをクリック