「おおいた遺産守り人県西地域講座」♪



「おおいた遺産守り人県西地域講座」で、

「小鹿田焼」についてお話をさせて

頂いたKUROです。

『おおいた遺産』は、2006年、

大分合同新聞社が創刊120周年記念事業で

「未来に残したい大分はありませんか」と

公募して、大分県内の国宝、天然記念物、

工芸品、祭り、料理など有形・無形の1,100件

が寄せられました。

この中より、学術、観光関係者らによる「おおいた

遺産選定委員会」が審査し、120件を『おおいた

遺産』に選定しています。

「おおいた遺産守り人養成講座」は、県内5ヶ所で、

開催され、今回は、日田市での開催となりました。

今回のテーマは、「小鹿田焼」、「角埋(つのむれ)

山」と「角牟礼(つのむれ)城跡」でした。

玖珠町教育委員会の野田典良さんが、お話した「角埋

(つのむれ)山」と「角牟礼(つのむれ)城跡」は、

中世から近世の山城のお話だったのですが、とても

分かりやすく、面白かったです。

僕は、まだ現地に行ったことがないので、近日中に

行ってきます。

今回、参加して思ったのですが、こんなに深堀した、

お話を聞けるのは、この講座くらいではないかな~。

と思いました。

これからは、「歴史」、「文化」をどう伝えていくかが、

観光のキーワードですね。

その中でも、「城」、「神社」ですね。

皆さん、お疲れ様でした。

また、誘ってくださいね~。

KURO

「おおいた遺産」の情報はココをクリック

「角埋山」と「角牟礼城跡」の情報はココをクリック

「小鹿田焼」の情報はココをクリック