小鹿田焼の里にご案内♪



久しぶりのアテンドで、小鹿田焼の里に

行ったKUROです。

今日は、台湾からのお客様でした。

朝から雨でしたが、雨模様の小鹿田焼の里も

良いものです。



最初に、小鹿田焼陶芸館へ、、、。

今回は、通訳が同行してくれていたので、

とても助かりました。



残したい日本の音風景音百選に選ばれている

「唐臼(からうす)」です。



共同窯です。

現在、5軒の窯元さんが一緒に共有して

使用しています。

その他の窯元さんは、自宅に専用の登り窯を

設置しています。



今日は、2軒の窯元さんを回ったのですが、

それぞれ、違う作業風景を見ることが

できました。



この丸い土が、お皿に変わっていきます。



ここでは、飛び鉋を入れる作業を見たいと

お願いして、見せて頂きました。

丁度、午後より、飛び鉋作業をする予定が

あった為、運が良かった~。



もう少し器が乾燥した方が、飛び鉋が

入れやすいとの事でした。

散策をしていたら、予定していた時間を

オーバーしてしまいましたが、存分に

楽しめたようでした。

この方々、次は、小石原焼に向かって

出発しました。

楽しんで下さいね~。

KURO

小鹿田焼の里の情報はココをクリック