伝統工芸の名人に会いに行く、、、♪



こんにちは、KUROです。

先日、一冊の本が、届きました。

開いてみると、、、。

「伝統工芸の名人に会いに行く①やきもの」

「おんた焼き◆大分県日田市」

ようやく、完成しました。

このシリーズは、日本国内の伝統工芸の名人を

紹介していくそうです。

その1巻が、「小鹿田焼」です。

関係者の皆さん、ありがとうございます。

この本は、一言で言うと、写真の絵本です。

この本の文と写真を担当している、瀬戸山玄さんが、

昨年度、4~5回現地を訪れ、完成させた物です。

とても、わかりやすく読みやすいです。




【岩崎書店のホームページより抜粋】

毎日のくらしでつかうごはん茶碗は、

どんなふうにつくられているのだろう。

やきもの職人をたずねます。

土を水の力で粘土にかえ、ロクロにのせてかたちを

つくり、色ともようをつけ、窯で焼く。

江戸時代から一子相伝で伝わってきた伝統工芸、

大分県日田市のおんた焼きの若き職人を取材。

巻末に「地図、日本のおもな焼きものの里」掲載。

伝統工芸の職人を取材し、その「伝統」と「技」が

わたしたちの身近なくらしの道具にどう生かされているかを知る、

写真絵本シリーズ。

素晴らしい一冊です。

小鹿田焼や、焼物に興味のある方は、是非♪

KURO

「小鹿田焼の里」の情報はココをクリック

「伝統工芸の名人に会いに行く①やきもの おんた焼き◆大分県日田市」の情報はココをクリック