卑弥呼の鏡?



日田市のダンワラ古墳から出土したと伝わる「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」。

「きんぎんさくがんしゅりゅうもんてっきょう」と読みます。

その名の通り、金と銀の象嵌と赤や緑の珠(宝石)で龍の文様が施された鉄の鏡。

昨夏には、曹操の墓から出土した鏡との類似性が話題となり、

九州国立博物館で開催された「特別展 三国志」でも公開されたそうです。

曹操と言えば三国時代。

あの卑弥呼が邪馬台国を治めていたといわれている時代です。

果たして、魏から卑弥呼へと送られた鏡なのか!?

とすれば、邪馬台国はどこ??

実物は東京国立博物館の所蔵ですが、

復元レプリカを天領日田資料館で見ることが出来ます。

ロマンあふれる古代史の一端に触れてみませんか!

もっち

■天領日田資料館の情報はこちら→