<一部中止>2月23日は咸宜園の日。



廣瀬淡窓先生が現在の地に咸宜園を開いた2月23日を「咸宜園の日」と定め、平成23年度から「咸宜園の日」記念事業を開催しています。今年度は茨城大学名誉教授の鈴木暎一氏をお招きして「世界遺産登録推進講演会」を開催します。また、「咸宜園教育研究センター研究奨励事業」で研究を行っている2人の研究者の報告会を記念講演会と併せて開催します。

○「咸宜園の日」記念講演会・「咸宜園教育研究センター研究奨励事業」報告会
日時:令和2年2月23日(日)13:00~16:30 ※中止となりました。
会場:日田市民文化会館(パトリア日田)小ホール
記念講演会
 講師:鈴木暎一氏(茨城大学名誉教授)
 演題:教育遺産の世界文化遺産としての価値~水戸弘道館を中心に~
研究奨励事業報告会
 「藩儒における授業の意義―広島三原藩儒吉村秋陽・斐山に着目して―」(井上快氏)
 「江戸時代の漢学僧の集書活動―光善寺所蔵典籍からみる木屋徳令の学問―」(木本拓哉氏)

○淡窓さんに学ぶ~学校の取り組み~<実施中>
期間:令和2年2月18日(火)~3月1日(日)9:00~18:00
会場:日田市民文化会館(パトリア日田)ギャラリー
内容:市内小中学生の廣瀬淡窓及び咸宜園に関する学習成果の発表。

○企画展「咸宜園教育研究センター新収蔵品展」<実施中>
期間:令和2年2月20日(木)~5月6日(水)
休館日:水曜日(但し水曜日が祝日の場合は翌日休館。3月末までは休館なし)
会場:咸宜園教育研究センター公開展示室(入場無料)
内容
咸宜園教育研究センターが新たに寄贈や寄託などにより所管する歴代塾主や咸宜園に関わる資料を中心に展示します。


問合せ先:0973-22-0268(咸宜園教育研究センター)


■咸宜園教育研究センターの情報はこちら→