石坂石畳道のご紹介

うちです

今日は石坂石畳道(いしざかいしだたみみち)を紹介します。

江戸時代、日田代官所と中津・宇佐四日市の陣屋を結ぶ往還の一部で、緩やかな勾配の全長1,260mの石坂の道です。

国道212号線の日田市市ノ瀬に「石坂石畳道」の標識が出ていて、国道から300mほどに石畳道の登り口があります。

県指定の史跡になっており、ウオーキング大会なども行われます。

往復しても2.5キロ程度ですので、適度な距離のウォーキングに最適です。

勾配も緩やかに作られていますので、歴史に触れながら親子でウォーキングなんてのもおすすめです♪

うち

石坂石畳道の情報はこちらから