星隈公園


 入場無料 


日田盆地の北を流れる花月川と、南を流れる三隈川(筑後川)との合流点にあり、盆地の西の入口を占めている。北の月隈、南の日隈とあわせて「三隈の山」とよばれ、水蝕残丘である。
東側数十基の横穴墳群があり、国道を隔てた北の河岸には高塚式の三郎丸古墳が残っている。埋蔵物も多数出土したあと伝えられる。
また慶長6年(1601)小川壱岐守光氏が日田北部の領主となって、月隈山に築城のとき、ここに一時仮城を置いたという。現在山頂には八幡社をまつる。
【住所】大分県日田市大字友田2丁目 【電話】0973-22-2036(日田市観光協会)