江戸時代の石畳。


石坂石畳道は、日田市北部の一ノ瀬地区と伏木峠の間にあり、

江戸時代、年貢米や海産物の輸送などで往来の多かった日田往還の一部。


道の中央部には硬い切石を敷き、両端には自然石が敷かれています。


約1.2㎞続く石畳。

登り口付近には駐車場がないため、

下り口にある伏木公園からのスタートがおススメです。

もっち

■石坂石畳道の情報はこちら→

☆宿泊割引クーポンの獲得はこちらから☆